佐賀県立 九州陶磁文化館

焼き物いろいろYAKIMONO

いまとむかしのつくりかた―かわっているもの、いないもの

  1. 今と昔の作り方で変わっているものは、どんなところですか?

    筆やヘラなどの小さな道具はあまりかわっていませんが、まきでたいていた登窯はほとんどガス窯に、足でけってまあしていたロクロは電力に変わり、機械化が進みました。

  2. 今と昔の作り方で変わっているものは、どんなところですか?

    作る順番や焼く温度は昔とほとんど同じです。やきものを作る基本は変わりません。

  3. 今は、手作りのほかにも機械による大量生産はあるのですか?

    明治時代にヨーロッパから伝えられた石こう型流し込み法や機械ロクロ、また最近は、ローラーマシン(ロクロの一種1日1台で3~4千個作れる)などがあります。

ローラマシンでの作り方