佐賀県立 九州陶磁文化館

焼き物いろいろYAKIMONO

あたらしい素材(そざい)

  1. 有田焼を作っている人は、今でも伝統的技術を守っているのですか?

    江戸時代と同じような技術で有田焼を作っているところは、200カ所の工場のうち数カ所しかありません。道具や技術がどんどん進歩したからです。しかし、作り方の伝統は、道具が新しい機械に変わっても、うまく伝えられています。

  2. ファインセラミックスについて、教えてください。

    一般のやきものの持つ特徴(硬いこと、電気を通さないこと、高温に耐えること、錆びないことなど)をより専門化し、新しい工業の素材として用いられるものです。

  3. これまでと違った新しい有田焼はありますか?

    ファインセラミックスによるナイフなどがあります。