佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

REPORT学芸員だより

北方小学校にミュージアム・キャラバン隊!

 2017年11月17日(金曜日)、武雄市立北方小学校にミュージアム・キャラバン隊がおじゃましました!

 色づく銀杏で囲まれた
 
 北方小学校!
 

 ミュージアム・キャラバン隊とは、県立博物館・県立美術館が毎年行っているアウトリーチ事業です。
 県内の学校へ館所蔵の実物資料を持参し、学芸員が直接児童・生徒のみなさんへ郷土の歴史や文化を伝えます。

 今日は、80年程前に佐賀県で使われていた様々な「昔の道具」を持参し、その使い方や今の道具と同じところ、違うところについて、3年生の皆さんに学芸員がご紹介しました。
 

 説明の後は道具に触ってもらい、重さや質感も確認してもらいました。

 あたためる道具。
 

 

 ご飯を炊く・食べる道具。
 

 

 

 銅でできた鏡。鏡の裏にはおめでたい鶴の絵柄。
 今はくもっているけど、使われていた当時はピカピカに磨いてあったそうです。
 

 明かりの道具。
 

 北方小学校3年生の皆さん、ありがとうございました。
 時代劇で見たことがあった道具もありましたね!
 県立博物館には、他にもたくさんの「昔の道具」が展示されています。
 ぜひ、ご来館ください!