佐賀城本丸歴史館

イベント

第150回歴史館ゼミナール「鍋島斉直ーその治世を財政面からさぐる」

2017年5月21日(日曜日)
 佐賀城本丸歴史館では、歴史館の館長や学芸員等が講師となり、様々な演題を設け、年12回のゼミナール(講演会)を開催しています。

 5月の開催内容は以下の通りです。

<開催内容> 
 佐賀藩九代藩主・鍋島斉直は、藩政改革で名高い父・治茂と息子・直正に挟まれ、藩財政を悪化させ藩政の混乱を招いたという、ネガティブなイメージで説明されることが多い。しかし斉直の治世期にかんする研究は不十分であり、父・息子、とりわけ直正の「名君」イメージを強調するために彼が割を食っている感もある。
 そこで本講座では、斉直の時代について藩財政の面から検討し、その治世の実態に迫りたい。

  • 日時
    平成29年5月21日(日) 13時30分~15時 
  • 場所  
    佐賀城本丸歴史館 外御書院
  • 講師 
    伊藤 昭弘先生(佐賀大学地域学歴史文化研究センター准教授)
  • 定員 
    100名程度
お問い合わせ
 佐賀城本丸歴史館(電話:0952-41-7550)
 ※聴講は無料です。
 ※事前の申し込みは不要です。