写真:反射炉の構造

28反射炉の構造

これは、佐賀藩が製造した反射炉を、10分の1スケールの断面模型にしたものです。反射炉はドーム形の炉と煙突が2組セットとなっており、それぞれの炉では、燃料の木炭を燃やして発生した炎や熱を、壁や天井に反射させ、炉内においた鉄を溶かします。高い煙突があるため自動的に風が送られ、一つの炉で二トン以上の鉄を溶かすことができますが、大砲製造には、より大量の鉄が必要なため、複数の炉で同時に作業を行いました。反射炉内で溶けた鉄は、炉を流れ出た後、地中に埋めた鋳型で大砲の形に成型され、冷えて固まった後、水車の力を利用して穴をくり抜き完成します。