52佐賀藩の特徴

"藩"とは、江戸時代、各地の大名が支配していた領地及び支配機構の総称で、明治維新後の1871年に"県"が設置されるまで続いた制度です。佐賀藩は全国約250藩の中で、徳川家などを除いて第8番目の規模で、鍋島家(直茂・勝茂親子から第11代の直大まで)により統治され、領地は現在の長崎県の一部を含んでいました。佐賀藩は、1642年に幕府に命じられて以来、オランダ・中国との唯一の窓口であった長崎港の警備を行ってきたため、海外の情勢をいち早く察知し、幕末には、諸藩に先駆けて科学技術を導入しました。