55佐賀城内の様子

佐賀城本丸御殿は約8,000㎡の広さを持ち、藩主の住居として、また佐賀藩の行政を執り行う庁舎としての役割を果たしました。藩主が普段住んでいた「中奥」には御風呂屋や御寝所と呼ばれた施設もありました。また、藩主直正の側室達が住んでいた「奥」は、屏に囲まれ女性だけが占有できる空間でした。玄関、式台、外御書院など、「表」の空間は藩の公式行事あるいは応接の場として利用され、佐賀城本丸御殿の最も重要な場所でした。この佐賀城本丸御殿には行政機構の建物もあり、たくさんの侍達がこの本丸御殿に通勤していました。本丸御殿の昼間の人口は200~300人にも及び、藩主をはじめ彼らの食事を賄う台所もありました。