佐賀県立 九州陶磁文化館

イベントEVENT

【国際学芸員サミット2019】世界の学芸員・コレクターが語る 有田焼の魅力

2019年11月16日(土曜日) ~ 2019年11月16日(土曜日)

開催日時

2019年11月16日(土曜日)
開場/13:00 開演/13:30
終演/16:30

場所

九州陶磁文化館 講堂
聴講者募集 先着200名
入場無料
※申込不要 どなたでもご参加いただけます

プログラム

第一部

世界的数学者であり著名なコレクターによる講演
ジョン・コーツ氏

第二部

世界の学芸員による講演
剱持ジーニー氏
メアリー・レッドファーン氏
全員によるフリートーキング

色絵竹梅文八角瓶
色絵竹梅文八角瓶
柿右衛門様式
1670~1690年代
ポートランド美術館所蔵

出演者

ジョン・コーツ氏
ケンブリッジ大学 名誉教授
ジョン・コーツ氏
John Coates(コレクター)

世界的数学者。古伊万里の本を出版するほどの大コレクター。

メアリー・レッドファーン氏
チェスター・ビーティ
メアリー・レッドファーン氏
Mary Redfern(学芸員)

若手研究者のNo.1。肥前磁器の中でも禁裏御用品を中心に研究。

剱持ジーニー氏
ポートランド美術館
剱持ジーニー氏
Jeannie Kenmotsu(学芸員)

アメリカ西海岸の日本美術に関して専門知識があり、浮世絵・絵本を専門に研究。

鈴田由紀夫氏
九州陶磁文化館 館長
鈴田由紀夫氏
Yukio Suzuta(コーディネーター)

九州陶磁文化館の人気館長。江戸から現代まで、有田焼に精通。

開催趣旨

かつて海外に輸出され珍重された有田焼は、現在も世界各地の主要な博物館に所蔵されています。国際学芸員サミット2019では、イギリス、アイルランド、アメリカから学芸員とコレクターの3名が集い、世界に誇る有田焼の素晴らしさや佐賀のやきもの文化の魅力について世界的な視点から熱く語ります。

パンフレット

【国際学芸員サミット2019】世界の学芸員・コレクターが語る 有田焼の魅力(PDF)

Menu