佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

NEWSお知らせ

常設展「佐賀県の歴史と文化」を拡大します!

2022年05月17日

 県立博物館では、常設展「佐賀県の歴史と文化」を開催しており、佐賀県の特長ある自然・歴史・文化を御紹介しています。
 令和4年5月21日から、展示会場をこれまでの1号展示室、2号展示室、大展示室に加えて3号展示室に拡大し、吉野ヶ里遺跡出土の「細形銅剣」(国指定重要文化財、文化庁蔵)、佐賀藩お抱え刀鍛冶・肥前忠広(二代)作の「刀(銘 肥前国住藤原忠広)」、佐賀県の偉人である「江藤新平書簡」など、弥生時代から明治時代にかけての資料36件を新たに展示します。
 より充実した常設展をぜひ御観覧ください。

博物館常設展「佐賀県の歴史と文化」令和4年度第II期

会期 令和4年(2022年)5月21日(土曜日)~7月21日(木曜日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
開館時間 9時30分~18時
会場 博物館1号展示室、2号展示室、3号展示室(一部)、大展示室
※1号展示室、大展示室の展示替えはありません。
観覧料 無料
新たな展示資料 36件 ※予告なく展示資料が変更になる場合、また会期中に展示替えを行う場合があります。
その他

都合により内容等が変更になる場合があります。その場合は博物館・美術館のWebサイト等でお知らせします。

※6月14日(火曜日)から下記の資料を新たに展示しました。

 2号展示室  帝釈天像(常福寺寄託 重要文化財)

 3号展示室  木版摺更紗着物 鈴田照次(館蔵)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お客様に入館時のマスク着用、アルコール消毒等の御協力をお願いしています。