イベント

第201回歴史館ゼミナール「佐賀藩と島原藩」

2021年10月16日(土曜日)

歴史館ゼミナールは新型コロナウイルス感染予防対策のため、当面は事前受付制での開催となります。

お申し込みは10月1日(金)午前9時30分からといたします。

(申込み方法:当館HP申込みフォーム/電話/当館受付)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

佐賀城本丸歴史館では、館長や学芸員等が講師となり、様々な演題を設け、年12回のゼミナール(講演会)を開催しています。

 10月の内容は以下のとおりです。

第201回歴史館ゼミナールチラシ.pdf

佐賀藩から地理的にも遠いようで近く、近いようで遠い島原藩。それは両藩の関係性を反映しているのかもしれません。島原天草一揆以降、島原藩主家は幾度かの交代を経ながらも、その大部分は「深溝(ふこうず)松平家」が勤めました。今回は佐賀藩と島原藩・鍋島家と松平家の関係性について、島原側の史料からその「距離感」を検証したいと思います。

R3.10歴ゼミチラシ.jpg

  • 日時 令和3年10月16日(土) 13時30分~15時 (開場 13時)
  • 場所 佐賀城本丸歴史館 外御書院
  • 講師 吉田信也 氏(島原市教育委員会)
  • 定員 先着96名程度

お問合せ
 佐賀城本丸歴史館(電話:0952-41-7550)
 ※聴講は無料です。