写真:佐賀藩精煉方絵図

30佐賀藩精煉方絵図

この絵図は、1852年に、佐賀藩が多布施に設置した"精煉方"という理化学研究所の様子を描いたものです。ここでは、後に日本赤十字社を設立する佐野常民、東芝の前身を興す田中久重など、藩内外から優秀な人材を集め、物理・科学の研究や機械の試作、蒸気機関の研究などを行いました。絵図の画面中央には、蒸気機関車の模型の運転の様子が、また、右下には蒸気船の模型が描かれており、これらの研究成果が、後に蒸気船「凌風丸」の製造にも結びつきました。