写真:錐台模型

29錐台模型

この模型は、大砲に穴を開ける様子を示したものです。反射炉で形成した段階の砲身には、弾をこめるための穴が開いていません。これは、鉄の大砲をつくるときは、強度を保つため、砲身を鋳造した後で穴をあけるためです。ヨーロッパでは蒸気が動力でしたが、佐賀では水車を用いていました。これは、蘭書の原図をもとにして模式的に製作した鑚開台の模型です。 2ヵ所のハンドルを同時にまわしてみると、穴を開ける仕組みがよく分かります。