写真:佐賀に始まった種痘

25佐賀に始まった種痘

この絵は、佐賀城で行われた種痘の様子を描いたものです。1846年、佐賀藩では天然痘が大流行しました。予防には牛痘の種痘が効果的だと知った10代藩主の鍋島直正は、痘苗(ワクチン)をオランダからとりよせるよう命じ、1849年8月、佐賀城で息子の淳一郎(直大)に接種しました。その成功によって種痘は藩内に広がり、やがて全国に普及していきました。その後、佐賀藩の医学教育も、中国方式から西洋方式に変わり、全国に先駆けて医師免許制度も開始されました。なお、現在の佐賀県医療センター好生館と呼ばれていますが、これは江戸時代の医学寮の名前を受け継いだものです。