佐賀県立 九州陶磁文化館

  • ARITA Porcelain 400th Anniversary Event

施設案内FACILITY

沿革

昭和48年1月8日 有田町長外、国際陶芸美術館建設について陳情
昭和52年6月 佐賀陶芸文化センター(仮称)建設計画案を作成
昭和52年11月24日 第1回佐賀県陶芸文化センター建設委員会開催
昭和52年12月8日 佐賀県陶芸文化センター建設促進協力会設立(会長 鍋島直紹)
昭和53年2月28日 基本設計完了
昭和54年1月16日 起工式
昭和54年7月6日 正式名称「佐賀県立九州陶磁文化館」
(英文名称 THE KYUSHU CERAMIC MUSEUM)と決定
昭和55年3月25日 佐賀県立九州陶磁文化館竣工(建設工事費:1,745,100千円)
昭和55年11月1日 開館
開館記念特別企画展「九州陶磁展-その展開と承継-」開催(~12月7日)
平成元年6月12日 染付鷺文三足大皿が重要文化財に指定
平成2年11月1日 開館10周年記念展「海を渡った肥前のやきもの」開催(~12月9日)
平成5年4月29日 柴田夫妻コレクション展示室が常設展の一室として開室
平成12年10月3日 開館20周年記念・日蘭交流400周年記念特別企画展「古伊万里の道」開催(~12月3日)
平成12年12月4日 染付山水文輪花大皿が重要文化財に指定
平成12年12月28日 色絵からくりオルゴール時計設置
平成18年3月31日 有田磁器(柴田夫妻コレクション)10,311点が国登録有形文化財(美術工芸品)に登録
平成22年10月2日 開館30周年記念 特別企画展「珠玉の九州陶磁展」開催(~11月14日)