佐賀県立 九州陶磁文化館

  • ARITA Porcelain 400th Anniversary Event

施設案内FACILITY

有田焼からくりオルゴール時計

 この有田焼からくりオルゴール時計は、30分毎に巨大な(70センチメートル)文字盤が開き、華やかな照明のもと、からくり仕掛けにより3分間のボールサーカスのショーが始まり、見る人を夢の中へと導きます。
 時計内部の歯車、振り子、文字、子供たちの人形、時計の足柱など、すべて有田を代表する窯元が総力を挙げて制作しました。
 歯車には時のつながりをイメージさせる唐草文様と繋ぎ文様、子供たちの人形には有田焼の様々な伝統文様が描かれています。
 郷愁を誘う姿の子供たちは、四季の移ろいに合わせて中田喜直先生と中田章先生の童謡(オルゴール)とともにそれぞれ取り替えられます。

曲目

春:「早春賦」
夏:「夏の思い出」
秋:「小さい秋みつけた」
冬:「雪の降る町を」

寸法

高さ:193センチメートル
幅180:センチメートル
奥行80:センチメートル
総重量約:300キログラム

制作

・大有田焼振興協同組合/ハイテク有田焼人形(HA)委員会
・佐賀県立有田窯業大学校
・佐賀県窯業技術センター
・(株)電通九州
・(株)丹青社

窯元

・岩尾磁器
・華山
・源右ェ門
・香蘭社
・しん窯
・深川製磁
・藤巻製陶所
・弥左ヱ門窯
・ヤマトク窯