佐賀県立 九州陶磁文化館

  • ARITA Porcelain 400th Anniversary Event

焼き物いろいろYAKIMONO

やきもののつくりかた

  1. 粘土作り
    陶器の原料は山から掘ってきた土を、磁器の原料は陶石を、こまかく砕いて粘土を作ります。

  2. 成形
    粘土をロクロの上におき、ロクロを回転させて器の形を作ります。手だけで作ることもできますが、ロクロを使うと大量に生産することができます。

  3. 乾燥
    成形が終わった器は、よく乾燥させます。

  4. 素焼き
    800度ぐらいの温度で焼きます。こうすると少しじょうぶになるので、絵をかいたりするときに取り扱いがしやすくなります。

  5. 下絵付け
    素焼きした素地にいろいろな文様(模様)をかきます。

  6. 釉薬をかける
    焼くとガラスのようになるうわ薬(釉薬)をかけます。

  7. 本焼き
    1200度から1300度ぐらいの高温で焼きます。これにより、やきものは硬く焼きしまり、表面がガラスのようになります。

  8. 上絵付け
    赤・黄・緑・金などの色を付けるときは、本焼きが終わったやきものにさらに上絵の具で文様(模様)をかきます。

  9. 上絵焼き
    上絵付けされたものは、800度ぐらいの温度で焼きます。これにより赤・黄・緑・金などのあざやかな色があらわれます。

工程

工程

工程

工程