佐賀県立 九州陶磁文化館

展示案内EXHIBITION

佐賀県立有田工業高等学校 卒業制作展 が開催されています 【終了しました】

※この展覧会は終了しています。

2022年1月18日(火曜日) ~ 2022年1月23日(日曜日)

(佐賀県立有田工業高等学校「卒業制作展のお知らせ」より)
 
 令和3年度・第53回卒業制作展が下記の日程で開催されます。
 この作品展は53年前にデザイン科のみでスタートしましたが、平成元年よりセラミック科が加わり年ごとに充実し、西暦2000年には創立100周年を機に本校の一層の発展を期して全校・全学科をあげて開催することになりました。昨年度は会場の都合で大有田焼会館を使用しましたが、本年度は従来通り、県立九州陶磁文化館が会場となります。
 今年度のポスターは、展覧会のビジュアルプロデュース自体を課題研究のテーマにしている、下平慎翔さん(デザイン科3年)によるものです。「水引き」をモチーフに、各科を表す色の帯を使いながら卒業を前にした意気込みと門出の気持ちをデザインしました。


                     記
1 会期
 令和4年(2002年)1月18日(火)~23日(日)
 開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

2 会場
 佐賀県立九州陶磁文化館(第1展示室、一般研修室、エントランスホール)
 〒844-0017 佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
 TEL 0955-43-3681 FAX 0955-43-3324

3 出品数
 全日制、定時制、定時制聴講生 合計約500点展示(予定)

4 展示内容
 ○セラミック科
 ろくろ成形の研究、手びねり・板づくり成形の研究、鋳込み・押し型成形の研究、陶磁器加飾法の研究、リサイクル磁器の研究、ファインセラカー3号の制作、釉薬・陶紙の研究
 
 ○デザイン科
 「d・stance」~ニューノーマルな社会に、有田からモノやコトを発信~
設定した共通テーマを元に手がけた地域におけるデザイン企画の提案(商品企画・製品試作・ブランディング・イベント企画運営・地域活性化プラン・他)
 
 ○電気科
 プロジェクションマッピング、サッカーロボットの製作、展示用作品の製作、熱加工機の製作、New イライラ棒の製作(Ver.3)、地域と繋がる高校魅力作りプロジェクト(人工衛星の製作)
 
 ○機械科
 校内の修理・営繕、ノーマライゼーションの視点から考えるハンドサイクル製作、モノづくりによる地域貢献、有田川の水質改善にチャレンジ、校内営繕、おもしろ自転車の製作、学校PR制作物、キックボードの製作、旋盤や溶接を使ったものづくり、鋳造を用いたものづくりほか
 
 ○定時制
 定時制(セラミック科、デザイン科)の生徒作品・聴講生作品