佐賀城本丸歴史館

施設案内

施設案内

佐賀県立 佐賀城本丸歴史館

博物館エントランスホール

佐賀城本丸歴史館とは

 本丸御殿とは、「城」の中枢部の建物でした。みなさんが「城」と聞くと、石垣の上にそびえたつ「天守閣」を想像し、その最上階では、藩主が領地を見渡している姿を想像するのではないでしょうか。しかし、あの「天守閣」は、物見櫓や権力を象徴する建物に過ぎませんでした。では、藩主が政治を行い、生活をしていたのはどこだったのでしょう。それが、本丸御殿でした。

 現在は、佐賀城本丸御殿の一部を忠実に復元した「佐賀城本丸歴史館」が佐賀城跡に建てられています。当館は、日本で初めて本丸御殿を復元しており、木造復元建物としては日本最大級の2,500平方メートルを誇ります。館内では、時代を先導した「幕末・維新期の佐賀」をテーマに佐賀城の復元や幕末・維新期を先導した佐賀藩の科学技術、佐賀が輩出した偉人について分かりやすく紹介しています。

 また、館内に入ると45メートルも続く畳敷きの長い廊下や320畳の大広間が広がっており、心地よい和空間を体感することができます。また、展示方法もユニークで、本丸御殿を3D画面で探検できる「バーチャル佐賀城」や大砲の弾を持ち上げることができるコーナー、大隈重信の声が聞こえる電話、○×クイズやゲームがある寺子屋風の情報コーナーなどが楽しめます。


基本概念

  • 日本の近代化に貢献した「幕末・維新期の佐賀」の輝かしい時代を検証し、変革の時代を生きた人々のエネルギーを体感できる佐賀城本丸歴史館をめざします。
  • 歴史の舞台であった「佐賀城本丸御殿」を一部復元し、現代に甦った歴史空間を直接体感できる、臨場感のある佐賀城本丸歴史館をめざします。
  • 発見と驚きに満ち、楽しく、分かりやすい、親しみのもてる佐賀城本丸歴史館をめざします。
  • 「幕末・維新期の佐賀」のエネルギーを人々の内に呼び起こし、県民とともに未来を切り開く原動力となる佐賀城本丸歴史館をめざします。
  • 多くの人々が集い、多彩な情報が生まれ行き交う、交流の中心となる佐賀城本丸歴史館をめざします。

特色と性格

  • 県民の誇りとなるシンボル博物館
    佐賀の魅力とエネルギーを再認識できる博物館をめざします。
  • 県民とともに活動するコミュニティ博物館
    県民とともに成長・発展し、地域社会の交流と活動の場となる博物館をめざします。
  • 驚きと発見に満ちた体感博物館
    藩主が暮らした歴史空間や幕末・維新期の佐賀の人々のエネルギーを肌で感じることができる博物館をめざします。
  • 発見が発見をよぶ情報博物館
    新しい発見を楽しめる情報発信型の博物館をめざします。