佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

REPORT学芸員だより

思斉小学校にミュージアム・キャラバン隊!

20171116日(木曜日)、久保田町の思斉小学校にミュージアム・キャラバン隊がおじゃましました!

今回ミュージアム・キャラバン隊に参加してくださったのは3年生の67名。
「おもしよいよ、美術作品」をテーマに、当館から絵画4点、磁器(大皿)1点、ブロンズ像1点を持参し、皆さんに近づいてじっくりと見てもらったり、実際に触ってもらったりしました。

まずは作品を見るときのマナーについてのお話。
どれも大切な作品です。慎重に扱ってくださいね。

この大きなお皿は鍋島焼です。佐賀藩直営の窯で製造されました。
描かれている模様をじっくり見たあとは、触って質感を確かめます。

今回は最後に美術館の裏側をちょっぴりご紹介。
ミュージアム・キャラバン隊にいつも同行してくださっている水色の作業着を着た面々、
実は運送会社の美術部門の皆さんで、毎回キャラバン隊のために作品を運搬してくださっています。


美術作品を運んだり展示作業をするときには、作品を傷つけたり壊したりすることのないよう、専用の車両や道具、そして特別な技術が必要とされます。
そんなときに活躍してくださるのが、専門的な訓練を受けられた皆さんなのです。

丁寧に、かつ手際よく作品を取り扱う姿は、まさにプロフェッショナル!

ミュージアム・キャラバン隊はもちろん、博物館や美術館には欠かすことのできない縁の下の力持ちです。
博物館や美術館で作品を見るときには、ぜひ、そんな裏方さんたちにも思いを馳せてみてくださいね。