佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EVENTイベント

第49回あらかしコンサート

2022年10月 7日(金曜日) ~ 2022年10月 7日(金曜日)

博物館・美術館では、佐賀城公園の自然や芸術作品に囲まれた豊かな環境で皆様に素敵な音楽を楽しんでもらうため、平成18年度(2006年度)から年に3回「あらかしコンサート」を開催しています。

 第49回目となる今回は、仕事終わりの方も気軽に足を運んでいただける、屋外でのコンサートです。佐賀市出身のプロシンガーであるShinoe氏と、ギターリストの石川雄一氏をお迎えし、縄文アラカシの木のロマンを感じながら音楽に浸るコンサートをお送りします。心地いい秋の風を感じながら魅力的な音楽をお楽しみください。

会期 令和4年(2022年)10月7日(金曜日)
会場 佐賀県立博物館東側アラカシ広場
観覧料 無料
定員 当日先着100名(事前申込不要)
出演

Shinoe(しのえ)、石川雄一(いしかわゆういち)

【写真】陣内志野枝氏‗w.jpg

<Shinoeプロフィール>

シンガー・ボーカルコーチ

 佐賀市出身。佐賀西高等学校、西南学院大学・英文学科卒業。

 平成19年(2007年)中西圭三のバックコーラスとして五島音楽祭、ビルボード福岡に出演。平成26年(2014年)より約4年間アメリカ(ロサンジェルス・ニューヨーク)で音楽活動をする。平成30年(2018年)帰国後は東京を拠点に活動。レギュラーステージに立ちながら、大手芸能事務所所属の歌手へのボーカルトレーニング、舞台の歌唱指導を行う。

 現在は佐賀を拠点に活動し、好生館のヘリポートからのライブ配信、佐賀市民芸術祭や佐賀さいこうフェスへの出演、自身書き下ろしのミュージカルのホール公演主催など多岐に亘り活動中。はなわの楽曲コーラス担当。

 FM佐賀にて毎週金曜日の正午から自身の番組を持っている。

 佐賀から芸術性の高いものを発信すべく"佐賀から世界へ"をテーマに舞台芸術に目を向けたステージングを行っている。

【写真】石川雄一氏_4.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

<石川雄一プロフィール>

 15歳で、ギター、シンセサイザーを始める。平成12年(2000年)にロサンジェルスミュージックアカデミーの奨学金の試験を受け、全額免除で合格。  

 フランクギャンバレ等に師事。

 ピーターバーンスタイン等と共演する。

 現在、福岡を中心に活動を行う他、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」での演奏、企業などに楽曲を提供する等作曲家としても活動中。講師としても幅広い年齢層にレッスンを行っている。

曲目

Let's stay together, this is me, both sides now, みんなの歌, hallelujah, skylark, spain, 僕が一番欲しかったもの, 月糸と針(Shinoeオリジナル), 旅とアルケミスト(Shinoeオリジナル)

※曲目は変更する場合があります。

チラシ

第49回あらかしコンサートチラシ表 (1).pdf(15.9 MB)第49回あらかしコンサートチラシ裏 (1).pdf(1.7 MB)

博物館・美術館は駐車場のスペースが限られています。ご来館の際は、公共交通機関の利用をお勧めします。