名護屋城博物館

施設案内FACILITY

施設案内

佐賀県立 名護屋城博物館

 佐賀県立名護屋城博物館は、特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」の保存整備事業と、文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱)及び日本列島と朝鮮半島との長い交流の歴史を調査・研究・展示紹介し、日韓の学術・文化の交流拠点となることを目的として平成5年10月に開館しました。

概要

保存整備事業

名護屋城博物館外観 特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」は、文禄・慶長の役の出兵基地であり、不幸な歴史の証人ではありますが、日本の歴史上、最大規模の城郭関係遺跡群という特徴ももっています。名護屋城博物館では、地元自治体とも協力しながら、名護屋城跡のほか、諸大名の陣跡、関連遺跡の発掘調査・保存整備に取り組んでいます。

展示活動

 「日本列島と朝鮮半島との交流史」をテーマとした常設展示を中心に、文禄・慶長の役や名護屋城、朝鮮半島の文化、佐賀県・唐津・東松浦地域の歴史・文化などを題材としたテーマ展も随時開催しています。

教育普及活動

 学芸員がそれぞれの研究活動の成果を発表する「なごや歴史講座」を毎月一回開催しているほか、発掘調査成果を一般に公開する「史跡探訪会」、公民館・学校等への「出前講座」を実施しています。
 また、国際交流員が地元小中学校の異文化交流を支援したり、館内で韓国語講座を開催しているほか、平成18年度からは県立唐津青翔高校との博学協働授業「日韓交流史」を通年で行っています。

学術交流活動

 平成15年度に韓国国立晋州博物館との学術交流協定を結びました。
 相互の資料貸借や職員の派遣による資料調査等を行い、成果を展覧会や講座でご紹介しています。

博物館の沿革

昭和53(1978)年1月 第1回名護屋城跡並びに陣跡保存整備委員会開催
昭和60(1985)年11月 「名護屋城跡調査研究所」の設立を審議
昭和62(1987)年6月 「名護屋城跡センター」(仮称)建設検討委員会を開催
昭和63(1988)年9月 佐賀県立名護屋城跡資料館(仮称)建設が県議会にはかられる
11月 資料館建設の理解と協力要請のため知事訪韓(翌年6月にも)
平成3(1991)年11月 建設工事着工
平成5(1993)年3月 建設本体工事竣工
9月 展示工事竣工・外構工事竣工
10月 佐賀県立名護屋城博物館開館
開館記念特別展「李朝の美-生活空間の美と心-」開催
平成6(1994)年10月 特別企画展「縄文のシンフォニー」開催
平成7(1995)年9月 特別企画展「唐入り」開催
平成8(1996)年8月 「朝鮮伝統舞踊-アジアの舞姫 白香珠-」舞踊公演開催
9月 世界の炎博開催記念「唐津焼の源流」展開催
平成9(1997)年4月 来館者50万人達成
10月 特別企画展「誠信の交わり-文化8年の朝鮮通信使-」開催
「日韓ふれあい伝統芸能」舞踊公演開催
名護屋城山里丸・豊臣秀吉の茶室跡一般公開
平成10(1998)年4月 入館料の無料化(特別企画展開催中を除く)
10月 特別企画展「肥前と高麗-元寇・倭寇と高麗の美-」開催
平成11(1999)年4月 国際交流員配属
7月 「日韓ふれあい伝統芸能」舞踊公演開催
9月 特別企画展「倭国と加耶-古代の海を越えて-」開催
平成12(2000)年6月 韓国からの来館者1万人達成
10月 特別企画展「日韓交流の窓-釜山・蔚山・慶尚南道 歴史と風土の旅-」開催
平成13(2001)年5月 佐賀県日韓交流センター設置
来館者100万人達成
10月 特別企画展「祭りと食の文化-光州広域市・全羅南道の歴史と風土-」開催
平成14(2002)年10月 特別企画展「海洋文化のクロスロード -済州道の歴史と風土-」開催
2月 韓国国立晋州博物館と学術交流協定締結
平成15(2003)年10月 開館10周年記念特別企画展「4つの窓と釜山-東アジアの中の日韓交流-」開催
平成16(2004)年9月 常設特別展「対馬-日韓交流の架け橋-」開催
平成17(2005)年9月 来館者150万人達成
10月 特別企画展「秀吉と城」開催
12月 日韓交流史理解促進事業記念シンポジウム(於 九州国立博物館)「波濤を越えて-日韓海峡沿岸地における交流の諸相-」
平成18(2006)年4月 佐賀県立唐津青翔高校との博学協働授業「日韓交流史」開講
10月 常設特別展「くじらといきる」開催
平成19(2007)年10月 特別企画展「秀吉と文禄・慶長の役」開催
2月 韓国国立晋州博物館と学術交流の更新協定を締結
平成20(2008)年10月 常設特別展「寄贈記念『洪浩然 忍ぶ・忘れず』」開催
平成21(2009)年7月 「追悼 日本藝術院会員 中里逢庵」展開催
10月 特別企画展「肥前名護屋城と『天下人』秀吉の城」開催
ヒートポンプ・蓄熱システムにおけるランニングコストの低減化について、財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターより表彰
12月 韓国伝統芸能来日公演「唱・奏・舞 ワッソ!」開催
2月 九州大学総合研究博物館との博学協働事業「学生が企画した『通信使海道』展」開催
平成22(2010)年8月 来館者200万人達成
11月 韓国国立晋州博物館との学術交流協定に基づき、同館の「壬辰倭乱と朝鮮人被擄人の記憶」展への協力・出品
平成23(2011)年5月 第100回なごや歴史講座 開催
10月 企画展「海にいきる-江戸時代の唐津のくらしと玄界灘-」開催
平成24(2012)年11月 常設展示室の天井耐震工事のため臨時休館(~3月)
2月 韓国国立晋州博物館と期限を設けない学術・文化交流協定を締結
平成25(2013)年9月 開館20周年記念企画展「秀吉の宇宙ー黄金、そして茶の湯ー」開催