名護屋城博物館

展示案内EXHIBITION

展覧会

「バーチャル名護屋城」で城跡散策しませんか?

「バーチャル名護屋城」で城跡散策しませんか?

 2015年4月から、タブレット端末等を用いて再現CGを見ながら名護屋城跡を散策できる「バーチャル名護屋城」が始まりました。  城内だけでなく、周辺地域までたくさんのビューポイントを設定しています。 ぜひご来場の際には、タブレットを利用して「420年前の名護屋城」を体感してみてください。

詳しく見る

「朝鮮通信使の書画―江戸時代の文化交流―」

2019年4月26日(金曜日) ~ 2019年6月 9日(日曜日)
「朝鮮通信使の書画―江戸時代の文化交流―」

花鳥図(金有声 筆) 展示概要  通信使(朝鮮通信使)は、朝鮮国から日本へと派遣された外交使節団です。室町時代に始まり、文禄・慶長の役により一時国交が途絶えたものの、江戸時代には第1次(1607年)から第12次(1811年)まで計12回の通信使が来日しました。一行は300~500人もの大使節団で、...

詳しく見る

テーマ展「名護屋城と配陣図」

2019年10月 4日(金曜日) ~ 2019年11月17日(日曜日)
テーマ展「名護屋城と配陣図」

名古屋陣之図 展示概要  豊臣秀吉は、朝鮮出兵の拠点として、肥前名護屋(佐賀県唐津市)に城を築き、全国の大名を集結させました。160家を超える大名達は、名護屋城の周辺にそれぞれの陣屋を構え、一時10万を超える兵が駐屯しました。現在名護屋城跡を中心とする半径3kmの範囲内に約150箇所の陣跡が確認さ...

詳しく見る