佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EXHIBITION展示案内

OKADA-ROOM vol.8 写実と詩情

美術館 2017年3月10日(金曜日)~ 2017年6月11日(日曜日)

 平成29年3月から始まるOKADA-ROOMの新たな展示では、「写実と詩情」をテーマに、作品をご紹介します。
 岡田三郎助は、昭和14年に亡くなるまで、一貫して写実に基づく画家でした。しかしそれ以上に、彼の作品は、常に詩情に満ちた、夢をうつすものであり続けました。
 小さな花が咲く草上につつましやかなポーズで横たわる裸婦を描いた《花野》、鮮やかな布と、女性のやわらかな肌の色が響き合う《裸婦》や、横顔や横向きの身体のラインが強調された装飾的な《婦人半身像》......岡田の作品からは、光と陰が織りなす色彩、触覚に訴える肌や染織品の風合い、装飾的に整えられた安定した構図などを通して、彼が理想の美を追い求めたことが伝わってきます。
 岡田の詩情や夢を託された作品をぜひご覧ください。また、本展示では、同時代の画家による、詩情ゆたかな作品もあわせて展示します。

OKADA-ROOMについては【こちら】

会期 平成29年3月10日(金曜日)~6月11日(日曜日)

※毎週月曜日の休館日は休室
 ただし3月20日(月曜日・祝日)、5月1日(月曜日・祝日)は開館
※3月21日(火曜日)は休館・休室
会場 美術館1階 OKADA-ROOM
観覧料 無料
その他 フラッシュ類や、三脚等の機材を用いての写真撮影はご遠慮ください。
作品にお手を触れないようお願いいたします。
また、寄託作品の写真撮影はご遠慮ください。
(詳細は受付スタッフにお尋ねください。)

主な展示作品

岡田三郎助 《花野》1917年、佐賀県立美術館蔵 県重要文化財
岡田三郎助 《花野》1917年、佐賀県立美術館蔵 県重要文化財

岡田三郎助《清楚》1907年、佐賀県立美術館蔵
岡田三郎助《清楚》1907年、佐賀県立美術館蔵

岡田三郎助《花の香(エスキース)》1903年頃、個人蔵(寄託)
岡田三郎助《花の香(エスキース)》1903年頃、個人蔵(寄託)

岡田三郎助 《富士山(三保にて)》1920年、佐賀県立美術館蔵
岡田三郎助 《富士山(三保にて)》1920年、佐賀県立美術館蔵

岡田三郎助《裸婦》1935年、佐賀県立美術館蔵 県重要文化財
岡田三郎助《裸婦》1935年、佐賀県立美術館蔵 県重要文化財

岡田三郎助《婦人半身像(下絵)》1936年、佐賀県立美術館蔵
岡田三郎助《婦人半身像(下絵)》1936年、佐賀県立美術館蔵

青木繁《朝日》1910年、小城高等学校同窓会黄城会蔵(寄託)
青木繁《朝日》1910年、小城高等学校同窓会黄城会蔵(寄託)

高木背水《婦人肖像》1915年頃、佐賀県立美術館蔵
高木背水《婦人肖像》1915年頃、佐賀県立美術館蔵

OKADA-ROOM Vol.8 出品目録(PDF:327KB)