佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EXHIBITION展示案内

OKADA-ROOM vol.9 画家のまなざし

美術館 2017年6月17日(土曜日)~ 2017年11月 5日(日曜日)

 平成29年6月17日から始まるOKADA-ROOMの新たな展示では、画家のまなざし―見つめる目をテーマに、岡田三郎助と日本近代洋画の大家たちの名作をご紹介します。

 画家は様々なものを見つめ、様々な見方と技術で作品を描きます。そしてそこには、常に画家自身の思い―理想あるいは夢、そして言葉にならない心情など―が垣間見えます。絵の美しさに見惚れつつ、画家は何を見つめ、何を想ったのか――そんな画家の胸の内に思いをはせてみるのも、絵画を見る大きな楽しみといえるでしょう。

 日本の洋画の先駆者である百武兼行をはじめ、その志を受け継ぐように、日本に洋画を根付かせた黒田清輝、久米桂一郎、藤島武二、そして岡田三郎助。さらに、描くことを楽しみ、美への限りない憧れを抱きつつ、志半ばで世を去った青木繁等、個性豊かな画家の名品をご紹介します。

OKADA-ROOMについては【こちら】

会期

平成29年6月17日(土曜日)~11月5日(日曜日)

※毎週月曜日の休館日は休室
ただし、
7月17日(月曜日・祝日)は開館、翌18日(火曜日)は休館。
9月8日(金曜日)から9月15日(金曜日)は休館。
9月18日(月曜日・祝日)は開館。
10月9日(月曜日・祝日)は開館、翌10日(火曜日)は休館。

会場 美術館1階 OKADA-ROOM
観覧料 無料
その他 フラッシュ類や、三脚等の機材を用いての写真撮影はご遠慮ください。
作品にお手を触れないようお願いいたします。
また、寄託作品の写真撮影はご遠慮ください。
(詳細は受付スタッフにお尋ねください。)

主な展示作品

岡田三郎助《薊》佐賀県立美術館蔵
岡田三郎助《薊》1908年、佐賀県立美術館蔵

岡田三郎助《桃の林(大石田横山村)》佐賀県立美術館蔵
岡田三郎助《桃の林(大石田横山村)》19017年、佐賀県立美術館蔵

岡田三郎助《裸婦》1935年、佐賀県立美術館蔵 県重要文化財
岡田三郎助《裸婦》1935年、佐賀県立美術館蔵 県重要文化財

黒田清輝《画室内》佐賀県立美術館蔵
黒田清輝《画室内》1889年、佐賀県立美術館蔵

中沢弘光《八月》佐賀県立美術館蔵
中沢弘光《八月》1899年、佐賀県立美術館蔵

青木繁《繊月帰舟》個人蔵(寄託)
青木繁《繊月帰舟》1910年、個人蔵(寄託)

青木繁《朝日》1910年、小城高等学校同窓会黄城会蔵(寄託)
青木繁《朝日》1910年、小城高等学校同窓会黄城会蔵(寄託)