佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EXHIBITION展示案内

自然史

博物館2階 1号展示室

1号展示室の様子 この展示室は、大きく「地質」と「生物」のコーナーに分けられています。
 「地質」のコーナーでは、佐賀県の主な岩石・鉱物・化石をとおして、佐賀県の大地の成り立ちについて展示・解説しています。
 また、「生物」のコーナーでは、佐賀県の植物・昆虫・野鳥や有明海の生物をテーマに、標本やパネル、ジオラマなどで、佐賀県の自然環境の特性を展示・解説しています。

展示項目と主な展示資料

A 佐賀の自然

1 佐賀の大地 (1)佐賀の地質のなりたち

球状セン緑岩・陶石など岩石・鉱物標本

(2)化石は語る ヨコヤマオウムガイ(複製)など化石標本
2 佐賀の生き物 (1)佐賀の植物

カネコシダ(複製)・クロカミラン(複製)などを展示

(2)佐賀の昆虫 オオクワガタ、ベッコウトンボなど昆虫標本
(3)佐賀の野鳥 カササギなど野鳥の標本
(4)有明海の生き物 エツ、アリアケヒメシラウオ、ムツゴロウなど貴重な有明海の生物の樹脂封入標本

※主な展示資料は、展示替えにより展示していないこともあります。

展示資料ダイジェスト

オオシャミセンガイ

オオシャミセンガイ

 5~6億年も前からほとんど姿を変えていない「地球最古の生きている化石」です。日本では有明海だけに住み、一時は絶滅したのではないかと心配されましたが、幸い今も数カ所で生息することがわかっています。

ヨコヤマオウムガイ化石(複製)

ヨコヤマオウムガイ化石(複製)

 佐賀県では多数のオウムガイ化石が見つかっています。このうち、唐津市北波多の今から約3500万年前の地層から見つかった化石は長径が42cmあり、欠損のないほぼ完全な化石としては日本最大のものです。佐賀県立宇宙科学館原蔵。

オニバス

オニバス(複製)

 佐賀平野のクリーク、ため池に分布する。植物体全体に鋭い刺があり、恐ろしいということでオニバスという名前がつけられた。成長した浮葉の直径は0.3~1.5m、ときに2mを超える。表面には著しいしわがある。裏面は鮮やかな赤紫色で葉脈が棧状に隆起する。花は、赤紫色の美しい花を咲かせる。

昆虫標本

昆虫標本

 佐賀県に住む甲虫・チョウ・トンボなどの標本を展示しています。

有明海の干潟と生物

有明海の干潟と生物〈模型〉

 有明海の潟泥に生息する生物の生活している様子を展示しています。ワラスボ、ムツゴロウの巣の様子、ウミタケやアサリ、アゲマキなどの二枚貝の生息状況がわかるようになっています。

※展示替えにより展示していないこともあります。