佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EXHIBITION展示案内

コレクション展「咲いた!花の絵」

美術館 2020年7月14日(火曜日)~ 2020年9月13日(日曜日)

佐賀県立美術館の今回のコレクション展は、美術館所蔵品の中から「花」を題材とした作品を紹介します。

花は美術家にとって身近な、また非常に魅力的な題材として古くから親しまれてきました。色彩にあふれ、生命のみずみずしさと力強さを宿した美しい花のすがたは、今も美術家たちの絵心をかきたて続けています。

美術館コレクションには、日本画、洋画、版画、また工芸品など、様々な作家と技法のヴァリエーションによる「花」の作品が多くあります。近代洋画の大家・岡田三郎助の作品をはじめ、山口亮一、武藤辰平、古沢岩美など、佐賀県ゆかりの美術家らの名作を選りすぐって展示します。

この夏、落ち着いた雰囲気の中で、じっくりと美との対話を楽しんでみませんか。皆様のお越しをお待ちしております。

会期

令和2年(2020年)7月14日(火曜日)~9月13日(日曜日)

会場 美術館3号展示室
休館日

毎週月曜日  ※ただし8月10日(月曜日・祝日)は開館、翌11日(火曜日)休館

観覧料 無料
展示内容

美術館コレクションから、花を題材とした日本画、洋画、版画、工芸品など計21点を展示。

主な展示作品

岡田三郎助《薔薇》
岡田三郎助《薔薇》 1931(昭和6) 
油彩・カンヴァス、佐賀県立美術館蔵

山口亮一《白薔薇》
山口亮一《白薔薇》 1936(昭和11) 
油彩・カンヴァス、佐賀県立美術館蔵

山口亮一《肥後しょうぶ》
山口亮一《肥後しょうぶ》 1955(昭和30)
油彩・カンヴァス、佐賀県立美術館蔵

牧野宗則《なでしこの花》佐賀県立美術館蔵.jpg
牧野宗則《なでしこの花》 1989(平成元)
多色木版、佐賀県立美術館蔵

古沢岩美《西施蓮恋》
古沢岩美《西施蓮恋》 1997(平成9)
油彩・カンヴァス、佐賀県立美術館蔵