佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EXHIBITION展示案内

OKADA-ROOM Vol.20 或る洋画家の横顔Ⅱ ―写真からみる画家たちのつながり―

美術館 2021年3月13日(土曜日)~ 2021年8月15日(日曜日)

 佐賀県立美術館は開館以来、明治から昭和初期にかけて活躍した佐賀県出身の日本近代洋画の巨匠、岡田三郎助(おかだ・さぶろうすけ、1869年~1939年)の画業と人物を顕彰してきました。

 今回は、岡田三郎助と写真をテーマとした展示の第二弾として「画家同士のつながり」に焦点をあて、岡田三郎助と関連画家の名品を写真資料とともに紹介します。明治30(1897)年に洋画留学のため渡欧した岡田三郎助は、当地で多くの作品を描きながら現地の様子や自身の姿をカメラにおさめました。当時の写真には、岡田に先駆けてヨーロッパで学んだ洋画家である黒田()清輝()()()桂一郎()の姿もみえます。彼らは洋画団体「白馬会」を立ち上げ、後に日本洋画壇の中心的な存在として活躍することとなるのです。
 さらに、岡田が女性を対象に開設した私塾「女子洋画研究所」をとらえた写真は、教育者としての岡田の側面を伝える貴重な史料ともなっています。

 本展では、岡田の名品や当時を物語る写真資料とともに、黒田や久米、小代()(、そして岡田に学び後に女性画家として活躍したさとえの作品を展示します。写真や作品から垣間見える画家たちの交流に思いを馳せながらお楽しみください。

OKADA-ROOMについては【こちら】
岡田三郎助アトリエについては【こちら】

会期

2021年3月13日(土曜日)~8月15日(日曜日)
 
※期間中、一部作品の展示替えを行います。
 (前期:3月13日~5月30日、後期:6月1日~8月15日)

開館時間

9時30分~18時

休館日

毎週月曜日
 ※月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館。
 ※5月3日(月曜日・祝日)~5月5日(水曜日・祝日)は開館し、5月6日(木曜日)は閉館します。

会場 美術館1階 OKADA-ROOM
観覧料 無料
その他 フラッシュ類や、三脚等の機材を用いての写真撮影はご遠慮ください。
作品にお手を触れないようお願いいたします。
また、寄託作品の写真撮影はご遠慮ください。
(詳細は受付スタッフにお尋ねください。)

出品作品

・岡田三郎助《中野多津像》1893(明治26)年頃、油彩・画布、個人蔵(寄託)
・岡田三郎助《西洋婦人像》1900(明治33)年、油彩・画布、館蔵
・岡田三郎助《富士山(三保にて)》1920(大正9)年、油彩・画布、館蔵 ※後期のみ展示
・岡田三郎助《フローレンス風景》1930(昭和5)年、顔料・絹・板、館蔵 ※前期のみ展示
・岡田三郎助《薔薇》1931(昭和6)年、油彩・画布、館蔵 ※前期のみ展示
・岡田三郎助《少女》1932(昭和7)年、油彩・画布、個人蔵(寄託) ※後期のみ展示
・岡田三郎助《裸婦》1935(昭和10)年、油彩・画布、館蔵(佐賀県重要文化財) ※前期のみ展示
・黒田清輝《小代為重像》1897(明治30)年、油彩・画布、館蔵
・久米桂一郎《残曛(下絵)》1898(明治31)年、油彩・画布、館蔵
・小代為重《郊外風景》昭和初期、油彩・画布、館蔵
・有馬さとえ《朝》1957(昭和32)年、油彩・画布、館蔵

岡田三郎助と白馬会の洋画家たち

フランス留学中の岡田三郎助と仲間の洋画家たち  

1901(明治34)年、パリにて パンテオン会(日本人留学生の同窓会)メンバーたち
後列右から、小代為重、岡田三郎助 二列目左から、久米桂一郎、黒田清輝

黒田清輝《小代為重像》  久米桂一郎《残曛(下絵)》

左上:黒田清輝《小代為重像》1897(明治30)年、館蔵  右上:久米桂一郎《残曛(下絵)》1898(明治31)年、館蔵

―岡田三郎助と、彼が教え導いた女性画家たち―

女子洋画研究所の授業風景(実技)  有馬さとえ《朝》

左上:女子洋画研究所の授業風景(実技) 右上:有馬さとえ《朝》1957(昭和32)年、館蔵

上記の作品とともに、岡田三郎助関係の写真資料パネルを展示します。
また展示室内で、「岡田三郎助映像アーカイブ」(上映時間約30分)を上映します。