佐賀県立博物館|佐賀県立美術館

EXHIBITION展示案内

佐賀新聞創刊140周年記念 立体切り絵SouMaの世界展

美術館 2024年7月 4日(木曜日)~ 2024年8月 4日(日曜日)

 一枚の繋がった紙から立体的に幾重にも層が重なった、複雑で繊細な作品を生み出す立体切り絵作家SouMa(島根県在住)。下絵や設計図をほとんど組むことなく自身の感性に任せて創作された作品は、切り絵とは思えないほど独創的で目を見張るものばかりです。

 本展では、これまで手がけてきた代表作から未発表の最新作まで約100作品を展示。SouMaの真骨頂である立体切り絵をはじめ、緻密さの際立つ平面的な作品、嬉野市塩田町鍋野の手漉き和紙を用い佐賀県をテーマに制作した作品などが一堂に並びます。

 息をのむほど美しいSouMaの世界を会場でご堪能ください。

(主催者チラシより引用)

会期

2024年7月4日(木曜日)~8月4日(日曜日)

開館時間

9時30分~18時00分(最終入場は17時30分)

休館日 毎週月曜日
※祝日の場合は翌平日に休館
会場 佐賀県立美術館(3号・4号展示室)
観覧料

一般...1,000円 (前売 800円)
ペアチケット...1,800円 (前売 1,400円)
高校生以下...無料

※ペア券は二人同時入場
※障害者手帳又は特定医療費(指定難病)受給者証の所持者は無料(介助者は有料)
※佐賀新聞Begin会員、佐賀県立博物館美術館メール会員は前売価格
※小学生以下は保護者同伴で入場

前売券販売

佐賀新聞社、佐賀新聞販売店、佐賀新聞文化センター、佐賀県立博物館、ゆめタウン佐賀、佐賀玉屋、イオンモール佐賀大和、モラージュ佐賀、各プレイガイド(ローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、イープラス)

※販売期間...6月4日(火曜日)~7月3日(水曜日)

主催 佐賀新聞社
後援 佐賀県、佐賀県教育委員会、佐賀市、県内20市町教育委員会、佐賀県地域婦人連絡協議会、佐賀県保育会、佐賀県私立幼稚園・認定こども園連合会、佐賀県PTA連合会、佐賀県高等学校PTA連合会、サガテレビ、エフエム佐賀、NBCラジオ、ぶんぶんテレビ、RKB毎日放送、テレビ西日本、テレQ、FBS福岡放送、KBC
お問い合わせ 佐賀新聞プランニング(平日9時30分~17時30分)
0952-28-2151
チラシ

チラシ.pdf

特設
サイト

佐賀新聞創刊140周年記念 立体切り絵 SouMaの世界展
※別ウィンドウで外部サイトが開きます

ティアラ~大地_25666_marked.jpg
《ティアラ~大地》(2020)

SouMaプロフィール

SouMa(そうま)

 島根県松江市生まれ、在住。幼少の頃から独学で切り絵を始める。下絵や設計図を組むことなく、一枚の繋がった紙から唯一無二の独創的な作品を生み出す。創作のほか、アートディレクション、海外ブランドとのコラボなど、従来の切り絵作家の枠を超えて活動を展開。メディア出演多数。 

SouMaプロフ写真
SouMa